らくちんわんご飯

わんご飯宅配屋店長からのお知らせ

↓ホームページはこちらをクリック↓

オールオーガニックのわんご飯宅配屋ホームページ

簡単レシピ 時短 適当わんご飯

大変ご無沙汰してしまいました・・・

気づけば5月ももう終わりで、クーポンもお出しできないまま

ただただ忙殺され続け・・・・


あ、言い訳は別に要らないですよね。


すみません。



 

わんご飯をうっかり作り忘れた!!


なんてときは、言い訳せず、シレっとドッグフードで済ませる我が家。

緊急時に備えて、ストックは忘れずにお願いします。



あ、今日はそんなことが言いたいわけじゃなくってですね、

多忙な時でもなんとか乗り越えられる方法の一つ、

大量作り置き&小分け冷凍について、私がやっている方法をご紹介したいと

思います。

 

それは、でっかいお鍋で

野菜と肉を別々に加熱する!


これに尽きますね。

 

別々に煮ることによって、体調や状況に合わせて、

毎食野菜とお肉の率を変えられるという点でも

とっても便利なレシピです。

 

ちょっと運動不足かな?
ちょっとカロリーダウンかな~

 

と思ったら、全体の割合の中で野菜を多目にとかですね。

 

 それにしても・・・

 

手作り食って、野菜をみじん切りにするという行為が 

とてつもなく面倒くさく思えるのは、ワタシだけでしょうか・・・・

これさえなければ~と思うからこそ、
乾燥野菜ミックスの開発に力を入れたわけなのです。

我が家流といたしましても、

お店のコンセプトといたしましても、

 

とにかく時短と手間の回避

 

がテーマとなっておりますので

 

圧力鍋にざっくり切った野菜をドカドカと入れて浸るくらいの水で煮るのが基本。

白菜もほうれん草も手でちぎってます。

大根はおでんや煮物くらいのでかさに乱切りします。

 人参なんて細かったら手でバキっと折ってます。

そんなんだけれども

圧力鍋のおかげで、15分後には綺麗な緑のお野菜もすっかり正体不明に。

 

そのままマッシャーでつぶしまくりで

はい出来上がり。

しかも、力が入りやすいので床に鍋を置いて、中腰で・・・です・・・・


そこはいいとして、

お肉を先に煮たときのスープを再利用しているので、
この時点でも相当美味しいです。

 

野菜がきらいで、ちょっとでも大きいとペっと吐き出して散らかす

ウチの子には、先にお肉を煮て、

お肉だけを取り出してから野菜を入れるという順番になるようにしています。

そうすると、
野菜だけを残す率がかなり低くなります。


f:id:wangohan:20160523235142j:plain

 

 

シャバシャバですね。

でもこのくらいで良いんです。このスープが鍵ってくらい大事なので。

 

煮るときでもマッシャーでつぶすときでもどちらでもいいのですが、
野菜の他に

L型乳酸発酵カルシウム粉末

にがり

黒岩塩

 

も適当に入れています。

いわゆるミネラル類を複合的に、しかも適当に入れています。
もちろん野菜やお肉、オーツ麦や押し麦などにもミネラルは含まれていますので、
ときに忘れちゃってもまあいっか

で済ませます。

足りない心配よりも、たっぷり摂取してあとは身体の消化機能に任せて

不足のリスクを回避。

 

という、まことに適当な感じです。

さらに思いつきで

しょうがパウダー
干し椎茸パウダー
うこんパウダー

きな粉

 

なんかも適当に入れています。

まあまあ忘れたりもするんですけれどね。
結構コスト高になるので、無意識に忘れてるという説もありまして・・・

いやいや、商品の分が足りなくなったら困るというのが正解かもです。

 

 

これらは薬膳食材として既に商品化しておりまして、
乾燥野菜ミックススペシャルにお入れしています。


 

ところで、今日は野菜多目に!

とかやっていますと、どうしても過不足が出てきてしまいます。

 

タッパーを開けたらお肉がない

とか、

冷凍ストックがあると思っていたら無かった

・・・あ、あ、それは困りますね。

お肉が足りないのは致命傷的。

 

ということで、生のままストックも常備しておきましょう。


お肉は、厚みを1センチ程度に、重ならないようにポリ袋で冷凍しておいて、
すぐに加熱できるようにしておきましょう。

 

f:id:wangohan:20160523234527j:plain



今回はコロコロ鹿肉と鶏の手羽ガラを

フライパンでジュ~っと焼いて、

そこに冷蔵庫ストックのお野菜をジャバっと入れて全体が温まったら出来上がり!

 

お肉って、焼くとすごく良い香りで、一気にごちそう気分が盛り上がります。

食欲不振なときにもお勧めですよ。

 

 

 

 

忘れちゃいけないのが、指を突っ込んで温度の確認

 

そしてもっと大事なこと。 

 

それは、「味見」です。

これからどんどん暑くなり、傷むスピードが速くなりますので、

そこを確認するのも大事ですが、

もっと大事なのは塩加減です。

塩味が足りないな~と思ったら、足して混ぜ混ぜです。

お吸い物やお味噌汁など、美味しいと思える塩分で良いのです。


何度も主張してすみませんが、この場合の塩は食塩ではありませんよ~。

 

 

次回のおはなしは作り置き派必見のお役立ちグッズのご紹介の予定です。


お楽しみに!

 

 

ホームページはこちらをクリック

オールオーガニックのわんご飯宅配屋ホームページ

 

 

http://wangohantakuhaiya.wix.com/wangohan